青汁 べジタッチエキス(クマザサ(クマイザサ)含有加工食品)

 

主要食品成分

【クマザサ】

クマザサ葉とエキスに、共通に含まれているのがビタミン、ミネラル、アミノ酸。

葉そのものに含まれているのが食物繊維で、腸内環境の改善に一役。

エキスに含まれているのが、カテキン、多糖体、オリゴ糖で免疫強化や抗酸化作用があり、抗腫瘍作用の効能を目的に使われてます。

サミットインターナショナルの青汁べジタッチエキスには、葉とエキス両方が入ってます。

【参考資料】

クマザサに含まれる成分として
ポリフェノール類
笹タンニン、リグニン
多糖類
アラビノキシラン
各種アミノ酸
バリン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、リジン
各種ビタミン(A,B1,B2,C,E,K
各種ミネラル、食物繊維、葉緑素、葉酸、ナイアシン、パントテン酸などがあるといわれてます。

 

80種類の野草の酵素

【酵素】

酵素は食物を消化分解するほか、呼吸、運動、思考、そして自然治癒力までも左右する、とても重要な働きを担っています。生命活動においては、さまざまな化合物による反応が起こっていて、それらの反応のほとんどが、じつは、酵素の仲立ちがあって、はじめて成り立つのです。
酵素がなければ私たちは生きていけない、とさえ言える存在なのです。